calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

archives

booklog

2018-2019 紅白とかYOSHIKI CHANNELで年越しとか 2019/1/7

0

    昨年末はHYDEちゃんが紅白を機に年末ぎりぎりまでポル超やCDJで働いてくれてHYDE充でした。

    年末は働きたくない派を自称するHYDEさんなので、毎年は申し訳ないけど、

    やっぱ嬉しい。

     

    2018年最後のイベント、紅白ーYOSHIKI CNANNNELで年越しを満喫しました。

     

    々版魏旅臉

    (∂∀6)< 今日、69回目でしょ、、ロックじゃないですか。そんな紅白にYOSHIKISさんと一緒に出演できるなんて。(にこにこ)

    からのパフォーマンス。

    進撃の巨人の曲、、って紹介されたから、アニメ映像しか映らなかったらどうしよう、、、と思ったけど、

    控えめな感じでたっぷりHYDEさん堪能できました。

    かっこよかった。。。。

     

    喉も大復活してめっちゃ歌よかったです

    今まで聞いたRew Swanの中で一番伸びやかに声出てたかも。

    リヴァイを意識した髪型も似合っててかっこよかったです。

    服装も変に奇抜じゃなくて正統派にかっこよかった!

    (ラルクリ2日目みたいなとかファンはかわいいってなるけど一般の方からしたら、??な衣装着てきたらどうしようとかいう私の杞憂)

    ステージパフォーマンスも正統派でもうそれはそれはかっこよかったです。

    こういう大舞台だと、普段ラルクやHYDEとか見ないような人の目にさらされて

    あーだこーだ言われるからファンとしてはどきどきしますが

    これなら誰にも文句言わせまい!!

    流し目カメラ目線等々かっこよかった!!!

    あーーかっこよかった。

    あーー!!!!

    語彙が足りない!!!!

     

     

    YOSHIKI CHANNEL

    YOSHIKIさんといると、こうはいど(後輩キャラはいど)が炸裂するからそれがかわいくてしょうがない。

    御酌してるとことか、何言ってるかわからないYOSHIKIさん←の翻訳したりとか

     

    2-1.バスで移動しながら、ワイン飲んで、年越しそば食べてカウントダウン。

    巨大クラッカーのおかげで、年明けの瞬間HYDEちゃんの顔見えず(涙)

    でもクラッカー成功してよかったね。この狭いバスの中でクラッカーするのなにげに難しかったはず。

     

     

    2-2.スタジオ到着後、おせち食べながら赤ワイン飲みながらのトーク。

     

    つらつらとのんびり話しされてた中で、HYDEちゃんのトーク部分の抜粋

     

    ・体型維持について

    (YOSHIKIさんにライブのときのバキバキの体型についていわれて、自身の体型維持について)

    (∂∀6)< ライブの前は、ちょっと鍛えます。

    (シックスパックすごかったじゃん?と問われ) でももう2パックくらいになってます。

    きっとこの正月で1パックになります(笑)

    すごく太りやすいし。すぐ太っちゃう。

    (SUGIZOは太らないんだよねー、、という話をうけて)いいなぁ。(いい方がかわいい。。。)

    (太りたいというセリフ)いいなぁ、言ってみたい

     

    (∂∀6)< (ラルクメンバーは?)kenちゃんはたまに太る。そろそろやばいんちゃうか、って言います。

    彼は独特な感性を持っているからもう太ってもええんちゃうかな?ってたまになるらしくて、

    あっち(US)の有名なギタリストって太ってる人たくさんいるしわからくはないんですけど、

    そういうこともあって「僕(kenちゃん)もいいかな?」って(笑)

    やめといたほうがええんちゃうかな?って俺から言います(笑)

    僕、見られる職業じゃなかったら絶対太ってると思います。

    (YOSHIKIさんも、僕らはある意味見た目からも夢を与えるのも仕事だもんね、と至極ご納得の様子。)

     

    ・新曲ZIPANG MV解禁

    (MV身ながらつらつらと)

    (∂∀6)< 曲を作る前から基本、海外を意識してるから、日本的な曲があると戦力になるかなと思って。

    コンサートで一曲はバラードを入れたいと思っていて、その間って止まるじゃないですか、時が。

    そこで和的な、日本的なものをもっていくと武器になるかなと思って。

    東寺さんも世界遺産だから使用許可とるのも大変で、僕の友達ががんばってくれました。

    YOSHIKIさんよう京都来てくれたなーって。

    この布が世界一軽い布らしくて、それでなんかCGみたいにひらひらしてて。

    ポーズがまた、月の菩薩かなんかのポーズで。忘れちゃったけど(笑)

    (∂∀6)< そう、これ菩薩のポーズです。

    (∂∀6)< 監督もね偶然京都の方で、お願いしようと思って過去の作品調べたら、ああーぴったりだなぁと思って、いろいろな偶然が重なってこの映像が完成しました。

     

    ・YOSHIKIの交遊録とか音楽の話とか

    (音楽の国境・ジャンルについて。マンソンはそういうのを超越してるよね、って話から)

    (∂∀6)< 串揚げ屋でご飯してたら、YOSHIKIさんから電話かかってきて「今、マリリンマンソンに変わるから」ってきて

    (話が壮大過ぎて意味がわからないwww)

     

    (ここで御酌するこうはいど。かわいい。。。)

     

    ・おせちの具材No.1決定戦

    (そろそろおせちのNo1具材を決めましょう!)

    (∂∀6)< (ひざついて、もぐもぐもぐもぐ)

    ここで両利き披露 (∂∀6)✧どやぁ

    かわ。。。。。

     

    (∂∀6)< 僕、魚卵好きなんで。いくらとか。

    YOSHIKIさん < ぎょらん!?なにぎょらい?

    (∂∀6)< 違います。ぎょ・ら・ん。魚の卵です。

    (なにこの天然なやりとりww)

    (∂∀6)< (今回のおせちの中で一番好きな具)かずのこ。むかしからかずのこがだいすき。

    今回の具だと、(和のおせちの中の)子持ちにしんの煮付け。

    (ここでYOSHIKIさんにGACKTさぁと言い間違えられるww)

    おせちの順は和、中華、洋ですねー。

    (GACKTが100万円のロマネコンティを持ってきて、それをYOSHIKIさんHYDEでいっきした話をうけ)

    (∂∀6)< また伝説作りましたねwwww

    (∂∀6)< GACKTのほうが年下なんですけど、お兄さんみたいな感じできますね(笑)よくしっかりしなって言われます(笑)

    (∂∀6)< (GACKTについて)最初ミステリアスな人だと思ってたけど、今でもやっぱりミステリアスですね(笑) 

    よくしっかりしなって言われます(笑)

     

    (∂∀6)< (Y by YOSHIKIを飲んで)本当に美味しい。これ、ナパ好きな人は納得する味だと思います。

     

    ・黒ミサ幕張・和歌山の話題

    (∂∀6)< (和歌山にビックホエールっていう)中途半端に大きい会場があるんですよ。8000人くらい入るの。

    大阪やらないから埋まるかなって。

     

    ・清春さんのライブを見に行った話

    (YOSHIKIMONOのショーが名古屋でするってことから、名古屋といえば清春って流れで清春さんの話へ。)

    (∂∀6)< (ポル超でのSADSを見て)僕からすると、、やられましたね。

    ああいう人になりたったなと。

    清春は、、彼はかっこよかったです。自分を追求してるって感じ。僕、ああいうアーティストになりたかんあんだなって。

    僕は、優柔不断で、いろんなことをやって、、ある意味雑食だったから、まあバンド(ラルク)がそういう方向性だったんで。

    でも彼を見て、彼は自分のロック像を追い求めてるから、そういうところすごくかっこいいなと思いました。

     

    ・海外でのライブ

    (∂∀6)< ダウンロードフェスとか言った時は途中で音なくなって、え?これで終わりってなったり。

    直前にイヤモニなくてアウトでやって、ってなったり。

    でもそういう環境でこそタフになっている気がする

     

     

    2-3.書き初め

    HYDEちゃんは発進 の2文字

     

    2-4.ラスト スペシャルパフォーマンス

     

    パフォーマンス前に水飲むHYDEちゃんかわいい。。。

    久々にクリームパン(はいどちゃんの小さすぎるむちむちした手)に発動したな。。

     

    YOSHIKIさんの準備中、待ち時間の最中、水飲んだり軽く歌ったりしても時間が余り、

    時間を持て余してそわそわするHYDEちゃん。かわ。

     

    スペシャルパフォーマンスはなかなかに大盤振る舞いの3曲。

    ・JIPANG

    ・Red Swan

    ・Endless Rain

    (//∂∀6//)< 酔っ払って飲むと気持ちいいですねぇ〜〜〜〜。

    かわ。。。

    ちょっとかすれたり、ひっくりかえりそうになってぎりぎりで踏みとどまったり

    でも力抜けていい感じにのびやかで

    ゆったりとした

    普段とちょっと違うはいどちゃんの声たまらなかったです。

     

    あとここ!

    静止画だと全くうまく伝えられませんが(涙)、

    YOSHIKIさんとHYDEちゃんが目を合わしてせーのってタイミングをEndless Rainの最後のサビの入りを合わせてるところ。

    (∂∀6)< (テレビ尺で歌ってたりすると)僕が入ろうか迷ったり、次どこだっけって一瞬なったりとかすると

    (YOSHIKIさんが)目を合わせてタイミング合わせてくれるというか、、助けてくれるんですよ。

    的な場面。

     

    ここたまらなかったです。。。

     

    最後はお互いの一言と記念撮影(Xポーズ)で終了

    (YOSHIKIさんにラルクのポーズないの?って言われてうーん?特にないですねとかLのポーズしようとしてウルトラマンポーズになっちゃったりで2人でわちゃわちゃしながらXポーズに落ち着く。)

    ということで最高の年越しでした。

    今年もHYDEちゃんにあふれた一年となりますように!

     

    ★おまけ

     

    .ぅ鵐織咼紂宍事

     

    年末年始と和歌山のローカルメディアに多数インタビュー記事掲載されてた。

    近畿圏限定くらいだったら友達に頼めるけど、さすがに和歌山県ローカルの友人はいない。。。

    インターネットって素晴らしいね。。。

    書いてある内容はそこまで変わらないけど、HYDEちゃんが地元のことを大事にしていることがわかってほっこり。

     

     

    リビング和歌山

     

    ニュース和歌山

     

    朝日新聞

     

     

    ▲薀襯が出てきた記事

    平成のV系バンドマンが憧れたバンド

     

    そもそもこのランキング、BUMP OF CHIKEN等のそもそもV系でないバンドも入ってるから別に気にならないけど、

    こういう話題が出ると、逐一出てくるラルクはV系なのか否か論争。

    私はラルクはV系というジャンルを受け入れる土壌が世の中にあったからこそブレイクできたバンドだと思っているので、

    このランキングに入ってたのは正直嬉しいかな。

    (もちろん、V系を見て育って、V系を自称するようになったV系のバンドたちがいうV系とは

    異なるとは思うけど。)

     

    JUGEMテーマ:hyde


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.03.31 Tuesday
      • -
      • 22:24
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする